Pick Up News!

  • 筑波大学革新的研究等支援プログラムのページを作成しました。(2011.5.16)

 

  • 筑波大学革新的研究等支援プログラム◆概要

 

◆概要

 

 

◆研究代表者◆

 

福島武彦 (生命環境科学研究科・教授 )

 

◆研究分野・(キーワード)◆ 

 

研究分野:環境学

 

(物質循環)(環境計測)(環境影響評価)(環境と社会)(環境マネイジメント)

 

◆プログラム名◆

 

「下流汚染蓄積型湖沼における流域水・物質循環の観測・モデル化と持続性維持のための管理手法 」

 

◆概要◆

 

筑波大学・つくば地域の特性を活かした研究

人社系 理工農系 医療系 学際・複合・新領域 ( 複合新領域 )

 

 

流域で水利用を行った排水を下流湖沼で貯め,流域住民の大多数がその水を上水源などに再利用しているタイプの湖沼を下流型湖沼と定義する.こうした形の水利用を行う流域は,上流に水源がある流域と比べ,水資源の観点で量的なリスクは少ない一方で,質的なリスクが高い,という特徴を有している.特に,流域での盛んな生活,生産活動により,様々な汚染物質が流域・湖沼に蓄積し,それらが水利用の障害となり,持続的な活動が行えなくなる可能性が懸念されるような湖沼とその流域を「下流汚染蓄積型湖沼」と呼ぶことにする.
本研究では,日本における下流汚染蓄積型湖沼の典型である霞ヶ浦流域を取り上げて,水環境質,水・物質循環、流域での生活と生産活動、生物多様性の観点で生じている,あるいは地球温暖化や人口減少といった変化の中で将来生じるであろう問題について,その程度,時間・空間スケールを予測する科学的手法を確立することを目的とする.次に,そうした問題の解決のために必要な科学、行政、社会のあり方をまとめる.なお,筑波大学は霞ヶ浦の流域にあるが,霞ヶ浦は昨年度に水質が全国ワースト1となり,水環境改善が急務となっている.また,つくば地域には水関連の研究者が集積していて,こうした研究を実施しやすい雰囲気にある.
研究内容としては,(1)トレーサーやリモートセンシング技術を活用し,そうした観測の結果をもとに水・物質循環を表流水と地下水動態をベースとしてモデル化する手法を確立する.(2)流域住民の生活環境情報を整理し,持続性指標を計算するとともに,こうした解析をもとに行政,社会の在り方と水環境問題の関係を解析する.

 

◆研究経費◆

 

8,000千円

 

◆メンバー◆

 

研究組織(研究代表者及び研究分担者)

 

氏 名(年齢)

 

所属部局・職名

 

現在の専門

 

学 位

 

  役  割  分  担

 

福島武彦


 

 

辻村真貴


 

 

松下文経


 

 

丸岡照幸


 

 

遠藤崇浩


 

 

白川直樹


 

 

 

生命環境科学研究科・生命共存科学専攻・教授

 

生命環境科学研究科・持続環境学専攻・准教授

 

生命環境科学研究科・生命共存科学専攻・准教授

 

生命環境科学研究科・生命共存科学専攻・准教授

 

生命環境科学研究科・持続環境学専攻・准教授

 

システム情報工学研究科・構造エネルギー工学専攻・准教授

 

 

 

 

 

水環境科学

 

 

 

水文科学

 

 

 

リモートセンシング

 

 

同位体地球化学

 

 

環境政策

 

 

 

河川環境評価・水資源計画

 

 

 

 

工学博士

 

 

 

博士(理学)

 

 

 

地球環境学博士

 

 

博士(理学)

 

 

 

博士(法学)

 

 

 

博士(工学)

 

 

 

 

 

 

総括,リモートセンシング,水循環モデル作成,持続性指標

 

 

トレーサー(水移動・滞留特性,蒸発散)

 

 

リモートセンシング

 

 

 

トレーサー(堆積物)

 

 

 

ガバナンス研究

 

 

 

水循環モデル,水利用解析

水循環モデル,水利用解析

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合   計

 

    6 名

 

 

 

 

 

 


 

 

 

連絡先

  • The Laboratory of Advanced Research A502

    1-1-1 Tennodai,

    Tsukuba City, Ibaraki

    305-8572, JAPAN 

    tel/fax: +81-29-853-4210

     

    福島 武彦
    305-8572 つくば市
    天王台1-1-1

    総合研究棟A502 筑波大学大学院

    生命環境科学研究科 生命共存科学専攻

    Tel & Fax: 0298-53-4210

    E-mail: fukusima@sakura.cc.tsukuba.ac.jp